Posted on

【宇田先生のススメ】老後に備えてお金を増やす

「金銭面で将来が不安」
「老後に向けて資産運用を考えている」
「お金の先生である宇田謙心さんってどんな人か知りたい」

二酸化炭素排出や異常気象や大地震や待機児童や子どもの貧困やブラック企業や男女平等やインフラ老朽化や食品ロスや詐欺やネットセキュリティなど、日本が今抱えている社会問題には様々なものがありますが、少子高齢化もその最たるものです。
後継者不足や労働人口減少や空き家や医療現場崩壊や未婚化や晩婚化や老々介護や医療格差や移民受け入れなど、少子高齢化の加速に付随する二次的な社会問題も複雑に絡み合っていて、根本からの問題解決は見込めません。
人生100年時代が到来し、私たち国民が抱える悩み・不安と言えば老後資金を十分に確保することが出来るかどうかについてです。

【特集】好評判の宇田謙心氏(お金の先生)にインタビュー!お金についての考え方を伺いました。【kenshin uda】
宇田謙心さんの評判や経歴など詳しく

宇田謙心さんが見た年金制度の崩壊

年金制度は破綻寸前で支払う年金保険料は減らないのにもらえる年金受給額は年々減ってきていますし、受給開始年齢もどんどん上がっていきます。
一昔前までは定年退職をしたら年金を受給しながら優雅な老後生活を送るというのが一般的でしたが、人生100年時代の今は違います。
いかに健康で長く働き続けることが出来るかが最大のテーマとなっており、老後の生活資金は年金に頼ることなく自力で稼いで確保するというのが主流となりつつあります。

金地金と投資と税金

早い段階から出来る限りの対策を講じる

弱肉強食の時代に突入していますので、早い段階から出来る限りの対策を講じて老後に備えなければなりません。

  • 斬新なアイデアや持続的な集中力や的確な判断や素早い問題解決能力が求められる仕事をしていて年齢とともに才能や能力が枯渇していくことに不安を感じる
  • 今の仕事をあと何年続けることが出来るのかについて考えてみると漠然とした恐怖感・不安感が押し寄せてくる
  • 親の介護と子どもの進学が重なり車や家のローンもあり毎月安定的に預金をすることが出来ない
  • 働いても働いても生活が一向に楽にならないワーキングプア状態で将来に対して悲観的になってしまう
  • カードローンやリボ払いやキャッシング枠で借り入れをするのが当たり前になってしまい多重債務者予備軍を自覚している
  • 幸せな家庭を築いて一軒家に済むという子供の頃に描いていた夢とはほど遠い暮らしをしていて理想と現実のギャップに苦しめられる
  • ライフステージが進むにつれてどんどん貧乏になっていく

などの苦悩を抱えながら生きている方は多いのではないでしょうか。
その苦悩を少しでも和らげたいなら、健康寿命を延ばすための対策とお金を増やすための対策を早い段階から始めましょう。

長く働くことが出来る健康な体を維持するために努めるべきこと

健康問題と金銭問題はどちらかがダメになると共倒れになってしまいますので、セットで考える必要があります。
長く働くことが出来る健康な体を維持するために努めるべきことについてですが、

  • 年に一度は生活習慣病予防健診や人間ドックを受けて自分の体の状態を把握し現実から目を背けずに健康と向き合う
  • 栄養バランスや低糖質や減塩や低糖質や高たんぱくを意識したヘルシーメニュー・腹八分目の食事量で生活習慣病リスクを低減
  • ウォーキングや体操や縄跳びやヨガやストレッチや踏み台昇降や筋トレなどの軽い運動を習慣化させて肥満を防ぐ
  • 腸活や温活で代謝や免疫力をアップさせて病気にかかりにくい強い体質を手に入れる
  • 禁煙者は思い切って禁煙に挑戦する

などがあります。
体に良いことをすると自ずと健康に対する意識も向上するはずです。

お金を増やすために今からやっておくべきこと

お金を増やすために今からやっておくべきことについてですが、最も現実的で効率的でハードルが低く誰でも気軽に始められる金策と言えば資産運用です。
残業時間延長や休日出勤や転職やパート・在宅ワーク・アルバイトなどの副業やギャンブルや不用品の現金化など、お金を増やすための手段は巷にあふれていますが、今のライフスタイルを崩さずに無理なくストレスフリーな状態で取り組める資産運用は堅実な手段であると言えるでしょう。
株式取引や外貨預金や純金積み立てや不動産投資や仮想通貨や先物取引やiDeCoやNISAなど、資産運用をする際に用いられる金融商品はいくつかありますが、初心者にぴったりなのは投資信託です。
投資信託が初心者にお勧めな理由についてですが、全て自己責任で行う株式取引と違ってプロが運用する投資スタイルであるため普通預金感覚でファンドにお金を預け入れるだけで良い、値動きが真逆の銘柄を複数所有して分散投資すると元本割れするリスクが低くなり安心、1口100円から始められる銘柄も多く株式取引のように多額の初期費用を準備する必要が無く金銭的負担が少ないなどがあります。

まとめ

最初にやるべきことは、保有したい銘柄を取り扱っている銀行や証券会社に口座を開設することです。
口座を作ったら、まずは手始めに日経平均株価に値動きが連動するタイプのインデックスファンドを1口購入してみましょう。
日経平均は新聞やニュースで必ず取り上げられますので、自ら情報を収集しに行かなくても勝手に情報が入ってきます。
投資信託を始めていくつかの銘柄を保有すれば、金融や為替や経済や世界情勢などについての時事ネタにも強くなり一石二鳥です。