Posted on

朋和産業まとめ!軟包装の特徴を考えよう!

「軟包装の特徴を知りたい」
「環境問題を考えている」
「朋和産業で扱っているフィルムの種類に興味がある」

フィルムの柔らかい素材で包装しているのが、朋和産業で有名な軟包装です。
生鮮食品や加工食品などのラッピングなど、さまざまな場面で使われている包装方法です。
では実際にフィルムの柔らかい素材を使って包装することには、どのようなメリットがあげられるのでしょうか。

【参考】朋和産業株式会社 | 京都ものづくり企業ナビ

軽いため包装しても重さに大きな違いがない

軟包装における特徴の1つが、軽いため包装しても重さに大きな違いがないことです。
中身を守るためといっても、箱や緩衝材などが重いと、輸送の手間が増えます。
一方で柔らかくて軽いフィルムを使えば、重さが変わらないので輸送の負担は増えません。
輸送コストは、そのまま商品の販売価格にも影響する大切な要素です。
少しでも輸送にかかるコストを抑えて商品を安くできれば、多くの方に商品に興味を持ってもらえるチャンスが増やせる可能性もあります。

丈夫で破れにくいフィルムが軟包装材として使われている

軽くて柔らかいフィルムを使うと言われると、包装材として中身を守る役割を果たせないというイメージを持つ方もいるでしょう。
ですが薄くて柔らかいフィルムだからといって、破れやすいということはありません。
丈夫で破れにくいフィルムが軟包装材として使われているので、大切な中身を守ることが可能です。
また破れにくいと、破って開ける必要があるフィルムには不向きと考える方もいます。
ですがマジックカットなどの特殊加工や切れ目を入れるなどの工夫によって、破って開ける必要があるフィルムは、開けやすいように工夫されているので安心して利用できます。

大きさや形状を工夫しやすい

そして柔らかいフィルムを使っているため、大きさや形状を工夫しやすいというメリットもあげられます。
商品の種類や形状によって、必要なフィルムの大きさや形などは異なります。
加工のしやすさを活かして、商品に合った形で包装できるようにすることが大切です。
また形を変えるだけではなく、フィルムに直接印刷することも可能です。
商品名だけではなく、商品の使い方や特徴などを印刷してアピールすることで、消費者に購入してもらえるチャンスを増やしましょう。

ターゲット層を意識してデザインを考える

実際に印刷して商品の魅力をアピールしたい場合、どのようなデザインにするかもポイントの1つです。
印刷に使う色や文字の大きさなどの違いで、商品の魅力の伝わりやすさが変わってきます。
市場調査の結果や商品に持ってほしいイメージなどを考慮したうえで、どのような印刷にするか検討することが大切です。
ターゲット層を意識してデザインを考えることも忘れてはいけません。

中身の見える状態で加工もできる

さらに軟包装を活用するメリットの1つが、中身の見える状態で加工もできるという点です。
フィルムの全体に印刷をするのではなく、透明の部分を残すことで中身が見える状態で販売できます。
中身がどのようなものかわかることで、購入しやすいという商品も多く存在しています。
商品ごとの特徴を理解したうえで、どのような形で販売するのが適しているのか考えていくようにしましょう。
また透明な部分を残すと、商品の輸送中に光の影響で商品の鮮度が落ちてしまうものもあります。
光による劣化が心配な場合には、彩色した遮光素材を活用して鮮度を保つことも大切です。

ゴミの量を減らせる

軟包装で注目するべきポイントには、環境配慮という点もあります。
最近では、地球温暖化や海洋汚染など環境問題が世界的な注目を集めています。
そして柔らかいフィルムを包装材として使うことで、捨てるときにコンパクトにできるため、ゴミの量を減らせるというメリットにつながります。
ゴミの量を少しでも減らして、環境への負荷も少なくできるようにしましょう。
コンパクトにして捨てることは、ゴミを捨てるときの手間を減らせるというメリットにもつながると押さえておきましょう。

リサイクルできるものはリサイクルする

また捨てるだけではなく、使い終わった後のフィルムは、リサイクルできるものはリサイクルすることも大切です。
リサイクルをして資源を大切に使うことは、環境への負荷を減らすために必要なことです。
実際にリサイクルしたいときに大切なのが、住んでいる自治体のゴミ区分に従って捨てるという点です。
プラスチックゴミとして回収されるものやゴミの出し方は、それぞれの自治体で異なります。
自己判断でゴミを出すのではなく、分別区分に従って処分やリサイクルをすることが大切です。

まとめ

このように軟包装の特徴を考えた場合、さまざまなメリットが存在しています。
ここでポイントとなるのが、メリットを活かせるように活用することが大切という点です。
軽くて柔らかいフィルムで包装できるといっても、商品の中身によってはダンボールや紙の箱にしまうことが必要ということもあるでしょう。
中身を傷つけずに輸送できるようにするために、どのような形で包装するのが適切か検討していく必要があります。
またプラスチックの形状を考える場合にも、商品をより良い形で販売できるか、問題なく輸送できるのかという視点から検討していく必要があります。
環境負荷を考えて、使うプラスチックの量を減らすことで印象が良くなる可能性もあるという点も押さえておきましょう。