Posted on

朋和産業という企業について

日本は世界で一番飽食の国と認知されています。
日本全国、山間部でも地方であってもコンビニエンスストアが存在し、いつでも手軽にお弁当屋おにぎり、サンドイッチなどを買って食べることができるんです。
コンビニエンスストアも、こうした軽食の他、レトルト加工したアルミパッケージの食品やシェフ監修で有名店とコラボレーションしたスイーツにお惣菜まで取り揃えています。
もはや手軽に食べられる軽食だけではなく、本格的なレストランと遜色のない食品を買って食べることができるんです。

日本全国どこにいても新鮮でおいしい高度な品質のものが手に入る

こうしたコンビニエンスストアの充実は、日本が発症ともいわれほかのヨーロッパやアメリカなどの先進国の追随を許していません。
そしてスーパーマーケットも非常に充実しており、日本全国巨大型スーパーマーケットも充実してます。
食品に関しては運送などの流通も充実していることから、日本全国どこにいても新鮮でおいしい高度な品質のものをどこででも食べることが可能になっているわけです。
運送や食品メーカーなどの企業努力があって、消費者は豊かな食生活を送れているわけなのです。
そしてどのメーカーを選択したとしても、ほとんど失敗した、まずかったということはありません。
どのメーカーでも一定のレベルや品質基準を満たしており、どこのものを買ったとしてもおいしく食生活を営めるようになってます。
これは消費者にとって非常に喜ばしいことであり、日本の企業のレベルの高さを物語っているでしょう。

おいしい、品質が良いだけでは消費者はずっと購買してくれない

それに相反して企業間同士は熾烈な競争原理が働き、勝ち残っていくために大きな課題を抱えています。
単においしい、単に品質が良いというだけでは消費者はずっと購買してくれません。
そしてリピーターも付かない状態になってるんです。
ではどこで差別化を図り、ほかのメーカーよりも売り上げを上げることができるかが大きな課題になっているわけなんです。
品質のレベルを上げるのは、もはや限界があります。
究極に高品質にするには原材料を高いものにしなければならず、それでは富裕層しか購買しないものとなってしまい帰って売り上げが落ちてしまうのです。
消費者の購買意欲に火をつけ、進んで買ってみたい、手に取ってみたいと思わせることが熾烈な競争に勝ち残っていく一つの賢明な方法といえます。

販売戦略の一助になってくれる朋和産業

まずスーパーマーケットにショーケースや陳列棚で、他社製品よりも魅力的であったり惹きつけられるデザインのパッケージにすることも大事でしょう。
人は視覚によって多くの情報をキャッチし、そのことで購買意思決定に移行するといわれています。
それゆえいかに外装のパッケージを魅力的にするかが、買っていくための重要なポイントであるといっても過言ではありません。
こうした販売戦略の一助になってくれるのが、朋和産業という企業です。
こちらの企業は食品などの外装やパッケージ、袋に特化した企業なんです。
企画、構成にデザイン、生産まで一手に引き受けてくれる頼もしい企業です。
マーケティングリサーチ部門を配置しているので、確固たるデーターや研究結果をもとに分析し、そのうえで売れるパッケージを制作してくれるのです。

パッケージや外装で重要なこと

人間はある一定の色彩に目線を一番に向ける性質があることが分かっています。
赤や黄色といった危険を知らせるカラーを使うと第一に人間は視線を向けてくれるので、このような理論や消費者行動論の原理をフルに活用しパッケージの構成やデザインを考えてもくれます。
さらにパッケージや外装は、単に人の目につきやすい興味をひきやすいというだけでは不十分です。
使い勝手がよかったり、廃棄しやすい、開けやすい、粉が飛び散りにくいなど何か機能をのせることで消費者にそれが受けて大きな売り上げにつながることもあります。
こうした特殊な機能を付加させる技術も朋和産業産業は豊富な実績と経験で長けており、多くの企業の売り上気に貢献してきました。
昨今ではエコや地球環境、CO排出やSDGsなどが関心がもたれ、社会問題となってます。
これら問題にも朋和産業は真剣に取り組み、ごみができるだけでない、ごみを極力コンパクトにできたり再利用できる袋などの開発にも力を入れています。
最近ではエコや地球環境、SDGsに配慮した商品が売り上げを伸ばしやすい傾向もあり、こうしたノウハウも各企業に提供していくことができます。

まとめ

最近では物流の形態や販売の方法も大きく様変わりするようになりました。
ウイルス感染や新型コロナ対策で、非接触や額面での販売が主流になりつつあるんです。
そのためネットスーパーやネット通販の利用が飛躍的に伸びており、パッケージもネット通販に対応していかなければなりません。
このようなことも朋和産業では取り組んでおり、モニター越しでも人の興味関心を引き魅力的に見えるデザインパーケージや外装のデザインや開発に取り組んでいるのです。
今後こうしたニーズはますます高まることが予測されます。
自社の売り上げの低迷やネット通販で売り上げを伸ばすのに苦労している企業は、一度朋和産業に相談するとよいでしょう。