Posted on

ウェルスデザインに学ぶ!ファイナンシャルプランナー資格を取得することのメリット

ファイナンシャルプランナー資格は、多種多様な資格の中でも人気が高いものの1つだと言えます。
仕事に役立てるために取得する人もいれば、自分の生活や家庭で役立てるために取得する人もいますし、幅広い目的で取得されている資格だと知っておきましょう。
これを取得することにはたくさんのメリットがあります。
まだファイナンシャルプランナー資格の魅力を知らないのであれば、どういったメリットがあるのか知ることから始めてみると良いでしょう。

公的な社会保険制度や年金制度、相続などの幅広い分野について学べる

この資格を取得するために勉強を行えば、公的な社会保険制度や年金制度、相続などの幅広い分野について学ぶことができます。
そのため、自分や家族が生活する上で重要な制度や仕組みについて豊富な知識を持つことができるようになるでしょう。
こういった制度や仕組みに関しては、自分で勉強する必要があります。
自ら学ぶ姿勢を持っていなければ、お得な制度や仕組みを利用することができていなかったり、損をする立ち回りになっていたりする可能性が高いです。
資格をゲットするために学ぶ過程で、実生活で役立つ重要な知識を身につけられることが大きなメリットだと言えるでしょう。
保険に関しても学ぶことができるため、これの見直しも自分で実施できるようになります。
今までは保険会社のスタッフの言う通りにしていたという場合でも、自分の知識を活かしながら最適なものを選ぶことができるようになるはずです。
それまでは家計管理や保険選択などを何となく行っていた場合でも、知識に基づいた後悔のない管理や選択を実現することができるようになるでしょう。

税金対策や資産運用に関する知識も身につけることができる

税金対策や資産運用に関する知識もしっかりと身につけることができます。
これらも自分自身で勉強しなければ、誰かから教えてもらうことができないものです。
正しい知識を持っていなければ、必要以上に税金を支払うことになったり、いい加減に資産運用を行って失敗したりする可能性があります。
試験合格を目指しながらこれらのこともしっかりと学んでおけば、納得できる税金対策や資産運用を実現することができるようになるでしょう。

仕事に役立てることも可能

仕事に役立てることも可能です。
2級以上の合格を目指すのであれば、金融関係や保険関係の会社に就職や転職を行う際に有利になります。
特に金融業界では2級は取得しておいて当たり前だという認識の企業もあるので、こうした業界を目指しているのであれば獲得しておいて損はありません。
取得が必須となっていない場合でも、ファイナンシャルプランナーに合格していることで選考時に有利になりますし、実際に働き始めてからも資格を持っているという理由で仕事を任せてもらえる可能性が高くなります。

さらに上の資格を目指せる

さらに上の資格を目指せるというメリットもあるでしょう。
2級の試験に合格することでAFPの試験に挑戦することができるようになりますし、これに合格すればさらに上のCFP試験に挑戦できるようになります。
CFPは世界25か国で認められている世界水準のサービスを提供するために必要な資格とされており、これを保有していることで国内外で高い評価を得ることが可能です。
企業に勤める場合でも独立して仕事の依頼を受ける場合でも、これらを取得しておくことが信頼の証となります。
どれだけ知識があってもいきなり挑戦することはできないため、ファイナンシャルプランナーの試験に合格しておく必要があるでしょう。

副業のために役立てることができる

他には、副業のために役立てることができるというメリットもあります。
金融機関や保険関係の職場で働いていない場合でも、この知識があることで副業を行えるようになる可能性が高いです。
学んだ内容を活かしてブログやサイトを運営したり、これに関する記事を執筆する必要があるメディアでライター契約を結んだりすることができます。
資格を持っていない人がいい加減に執筆できるような内容ではないので、ファイナンシャルプランナーの試験に合格しておくことで色々な副業にチャレンジできるようになるでしょう。
近頃はライターを志望する人が増えているので競争率が高くなっていますが、専門知識を持っていることによって、スムーズに契約先などを見つけられるようになるはずです。

まとめ

このように、ファイナンシャルプランナー資格を持っておくことにはたくさんのメリットがあります。
色々な魅力があるので、様々な理由からこの試験を受験する人が非常に多いです。
上の級になるほど独学が難しく通信教育やスクールでの学習を利用する人が多いですが、基本的には市販のテキストなどを活用しながら独学でチャレンジを始められることも大きな魅力だと言えます。
現在、この資格を直接役立たせることができるような仕事に就いていなかったとしても、多彩なシーンで身につけた知識を役立てることができるはずです。
気になるのであれば、この資格の特徴や魅力について詳しく知った上で受験することを検討してみることがおすすめだと言えるでしょう。

ウェルスデザイン