Posted on

注文住宅だからこそ取り入れたいオール電化

注文住宅や規格住宅などの方法で家づくりを行う人も多くなっていますが、企画住宅は事前に間取りのプランが用意してあり、それを基にして好みの設備やデザインを選択しながら家づくを行う手法です。
規格化されているなどからも、設計図は既に存在していることに加え耐震構造計算などが完了しているため、フルオーダー方式の注文住宅のようにゼロから作るものではありません。
そのためフルオーダー方式の注文住宅と比べると手間や時間がかからない、用意してある選択肢から好みを反映させるなどの特徴があります。

洋上風力発電を取り入れることのメリット

注文住宅の特徴をエスコシステムズさんに学ぶ

規格住宅は注文住宅に含まれるもので、規格住宅以外にもフルオーダー方式やセミオーダー方式などの種類が存在します。
注文住宅は、文字通り注文を行ってから設計や家の建築を行う住宅で、建売住宅や分譲住宅などと比較することが多いのではないでしょうか。
建売住宅や分譲住宅は建築された家を土地と併せて購入する、もしくは土地に所有権が付いてないものは50年後に更地にして土地を還すなどの特徴があるけれども、家が完成もしくは施工中などで売り出しが行われるため完成済みの物件なら作りや間取りなどを見て購入すべきか否かを決めることができるわけです。

参考:エスコシステムズ

注文住宅のメリット

ステイタスに合うものであるのか否か、これが建売住宅や分譲住宅を購入するためのポイントになって来ますが、土地と建物が組み合わさった形で売り出しされるので、販売価格を見て予算に合う住宅であるのか否かを見極められるなどのメリットも存在します。
注文住宅の場合は、建築会社と打ち合わせを重ねながら自分たちの希望を反映させることができるメリットがあるのですが、自由度は注文住宅の種類に依存して来ます。

こだわり条件をしっかり整理しておかないと予算を超えてしまう可能性も・・・

フルオーダー方式の場合は、間取りや設備、デザインや詳細な部分など全てにおいて思い通りに行うことができるのですが、ゼロから設計図を書き上げる形になるので打ち合わせに要する時間なども多くなりますし、こだわり条件をしっかり整理しておかないと予算を超えてしまうなど注意が必要です。
セミオーダー方式はハウスメーカーなどで行われることが多い注文住宅の種類で、一定の選択肢の中から好みを選ぶ家づくりになるので、仕様にないものを追加するときにはオプションの中から洗濯をする、当然オプションは有料になるものですから基本仕様に対して追加料金が発生します。

規格住宅の特徴とメリット

規格住宅の場合は、セミオーダー方式よりも自由度が制限されるので、注文住宅の種類に含まれているけれども別格のイメージを持つ人も多いようです。
その反面、規格化されている住宅になる関係からも施工期間が短いことやコストが安いなどのメリットが存在しており、建売や分譲などの住宅で希望通りの家が見つからないときなど規格住宅を選んで家づくりを行う人も少なくありません。

太陽光発電システムやオール電化を採用している物件について

最近の新築住宅の中には太陽光発電システムやオール電化を採用している物件もありますが、新築住宅の中でも分譲や建売などの場合は、これらの設備を含めた形で価格が決まっているので、販売価格を見て購入できる物件であるのか否かを見極めることが可能です。
注文住宅の中でもフルオーダー方式の場合は、施工主の考え方ひとつで太陽光発電システムやオール電化住宅にすることができるけれども、家全体のコストが高くなる関係からも電力のみの住宅にしておいて太陽光発電システムは後付けするなどのケースもゼロではありません。

屋根の形状や面積などに応じて設置できるか否かが決まる

太陽光発電システムは、屋根の形状や面積などに応じて設置できるか否かが決まります。
仮に、屋根の形が北側に向かって傾斜していて南側は切り立った形をしている場合にはソーラーパネルを設置したとしても発電効率への期待が薄く、自家発電のメリットは生かされません。
さらに、屋根の形状が複雑になっているときにはソーラーパネルの設置個所が限定されるなど、この場合も十分な発電量への期待ができないので電力会社からの供給を中心に使う形になって来ます。

注文住宅なら最初からオール電化住宅にできる

注文住宅の中でもフルオーダー方式は、太陽光発電に適した屋根を持つ住宅を造ることもできますし、新築のときに予算がなくても適した屋根にしておけば後からソーラーパネルなどの設備を導入することで自家発電の可能性も高くなります。
これはオール電化の場合も同じで、既存の住宅からガス設備を撤去して全てを電化製品に切り替えるとなるとコストも多くかかるけれども、注文住宅なら最初からオール電化住宅にできるわけですからコストを抑えた形で導入できるわけです。

まとめ

なお、太陽光発電システムとオール電化の組み合わせは、省エネ効果や地球環境の悪化防止、温暖化の加速化防止などエコに繋がるもので、両者を導入することで電気代の節約ができるメリットがあります。
さらに、オール電化のエコキュートと太陽光発電はエコに繋がるものなどからも、自治体により補助金制度が用意してありこれを使うことで導入コストを削減できるなどのメリットもありますので、お住まいの地域を管轄する自治体のホームページなどで確認しておくと良いでしょう。